えのきだけの気ままなブログ

しばらく休養します、数日後には戻ってきます!

MENU

《東急》【また編成組換え!?】10両編成化に合わせて5050系で気づいてしまったこと!

f:id:enoki3120:20220206221358p:plain

ただでさえややこしい5050系、今後は4000番台をめぐる車両の動きが気になるところ。

 

 おはようございます。

 

 ょっと前に話題になった東急の今後の車両動向、私自身もこのブログにて話題にしたかと思いますが、東横線関連で車両の増備の可能性に言及しました。その中で5050系4000番台の増備の可能性があることを書きましたが、現在の動向的に8連が2両増結して4000番台化が濃厚でありそうなったとすると当該の編成としては5166F~5169Fの4編成ではないかと推測を立てました。

 

f:id:enoki3120:20220207230536j:plain

10両化の説が出始めている5168F、今日の主役の1つでもあり今後沼になるかもしれない編成の1つです。。

 

 今回の記事はその推測の通りに進むものと仮定したときにとあることにふと気づいたこと書いていきます。今回注目するのは10両化の可能性がありそうな4編成のみだけでなく現在4000番台として通常運用をこなしている4101F~4104Fの4編成。察しのいい方はお気づきかもしれませんがこの4101F~4104Fの4編成は10両編成で活躍していますが、6号車だけ5000系からの編入車なのです。

 

f:id:enoki3120:20220207230423j:plain

相鉄直通でも話題になる編成たち、今後は更なる10両編成増加でどのような動きをたどるかも気になります。

 

 そして奇しくもその編入車の製造年数は5166F~5169Fとほぼ同じ時期なのです。とはいっても既存の組み込まれている4000番台とも1年か2年程度の差であまり大きくはないですが、、、でもその微妙な差によって車体の加工が異なっているのです。4101Fのデハ4601と4102Fのデハ4602と4104Fのデハ4604はダルフィニッシュ加工がなされている艶なし車両なのです。(4103Fのデハ4603は艶あり)そして5166F~5169Fの4編成を見てみると見事に艶なし(ダルフィニッシュ加工された車両)が3編成、艶ありが1編成ときれいにそろっているではありませんか。

f:id:enoki3120:20220206221542p:plain

5050系4000番台の大まかな編成表。一番上の6号車が艶なしの単独デハで5166F~5168Fにかなり仕様が近いものになります。

 

 このことから私はわずかな可能性にはなりますが、もしかすると4101F~4104Fの6号車である単独デハが抜き取られ5166F~5169Fの10連化の単独ではに充てられ、抜き取られた4101F~4104Fの6号車用と5166F~5169Fの10連化に必要なサハが新造されて組み替えられることもあるのではないかと考えています。とはいえ、走行距離や検査周期などの兼ね合いもあるため可能性はすごい高いわけではなさそうですが、あの東急のことです。ちぐはぐになってから10年、さらにカオスを極めることもあるのではないかと思います。気になることだらけで夜も眠れませんね笑

 

 ※ブログのデザインで上部から各サイトに飛べるようにしたため記事上部のバナーを撤廃しました。

 

↓各種サイトへのリンクもよろしくお願いいたします!
 
鉄道コム
 

                                        

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!