えのきだけの気ままなブログ

しばらく休養します、数日後には戻ってきます!

MENU

《西武》【写真館564】引退も進む新2000系のもっともかっこいい姿である前パン編成

準急所沢行きに充てられる2463F+2065Fの10両編成、菱形パンタの前パンはかっこいいですよね。(撮影日:20.12.24)

 おはようございます。

 

 年末から西武の黄色い電車の廃車ペースがぐっと上がった気がしており、まだまだ安泰だと思っていた新2000系の廃車が本格的に始まったという印象を受けます。最近まで旧2000系が多く残っていたということもあってか、新2000系は比較的新しい車両のイメージも強かったですが、よくよく考えると足回りは東急の8500系と同じで車齢も40年になっているので廃車になってもおかしくない域ではありますね。

 

準急飯能行きに充てられる2465F+2075F、池袋線であればこの編成が動けば前パンがみられるのでいつも情報みて追っかけしてしまいます。(撮影日:同上)

上の写真と同じ組成の急行飯能行き、定期では見られませんがこの前パンで快速急行とか見られたらいいんですけどね笑(撮影日:同上)

 

 西武の2000系で一番の魅力は何といっても2両編成の前パン運用でしょうか。池袋線に3編成、新宿線には数編成在籍しており、池袋線であれば2両編成が運用につく際には基本飯能方で前パンになり、新宿線は新宿方本川越方ともに2両編成が就く可能性がありますが、新宿方についた場合に前パンになります。

 

 今回取り上げたのは全て池袋線で撮影した前パンの新2000系で組まれた10両編成です。池袋線に所属する新2000系の2両3編成はすべて幕式方向幕を搭載した編成でもあるため、よりかっこよさが引き立つように思います。池袋線の池袋口の各駅停車はすべて8両編成になるため、新2000系の2両編成が充てられる10両編成は基本優等頭首別での運用ですが、色が付いた方向幕を掲げる姿ほどかっこいいものはないですね。

 

↓各種サイトへのリンクもよろしくお願いいたします!
 
鉄道コム
 

                                        

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!