えのきだけダイアリー ~in Yokohama~

関東を中心に鉄道に関する面白いネタから細かすぎるマニアックなネタまで様々取り上げます。

《旅日記》【8月西日本紀行】番外編~コナンの街由良を歩く~

f:id:enoki3120:20190902220236j:plain

コナン駅として親しまれている由良駅
鉄道コム
にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

 こんばんは。

 

 西日本紀行の番外編ということで私のもう1つの趣味である「コナン」の聖地である由良の街を歩きましたのでそれを記事にします。

 

f:id:enoki3120:20190902220455j:plain

駅の隣にある観光案内所の中もコナン一色という感じ

f:id:enoki3120:20190902220558j:plain

駅を出たらまずは少年探偵団の像とご対面。あゆみちゃんから4人続く。

 JR西日本由良駅はコナンの原作者青山剛昌さんの出身地、さらにここ最近コナンブームが到来したこともあって「コナン駅」と銘打って観光地として売り出しています。実際にコナンの聖地巡礼として訪れる人は多く、私が乗車した山陰本線から降りる人たちも多かったです。

 

f:id:enoki3120:20190902220702j:plain

駅からすぐのところに図書館があるがここにも新一が…

f:id:enoki3120:20190902220801j:plain

歩道の足元にはこのようなイラストも

 こういうちょっと都会から離れた観光地というと駅から遠く車やタクシーで廻った方が便利だったりするのですがこの由良駅周辺の青山剛昌先生関連の観光施設は由良駅周辺にまとまっており歩いて回ることができます。

 

f:id:enoki3120:20190902220852j:plain

コナン大橋にも銅像が。この橋を渡ると米花商店街にたどり着く。

f:id:enoki3120:20190902220951j:plain

米花商店街の目玉「新一の家」

 主な観光地は「青山剛昌ふるさと館」や「米花商店街」ですがそこまで続く道も「コナンロード」といわれておりコナン関連のレプリカ像がたくさんあります。しばらくは小さな町の住宅街を歩きますがそこも歩道には様々なコナンを中心としたイラストの案内図が配されています。

 

f:id:enoki3120:20190902221107j:plain

青山剛昌ふるさと館までの道のりに眠りの小五郎が

f:id:enoki3120:20190902221211j:plain

ふるさと館に到着。建物も立派。

 さて私はそれらを見ながら青山剛昌ふるさと館まで向かいます。このふるさと館は駅から1.5kmほどで歩いても15分ほどで着きます。それまでに先ほどの像やイラスト、また米花商店街もあるので飽きずに歩くことができます。

 

f:id:enoki3120:20190902221308j:plain

アニメにもよく出る黄色いビートル

 さてふるさと館の中はそれなりに撮影が許可されていますがここに載せるのがふさわしいかどうかは微妙なのでやめにしてじっくり見ることにしました。入館料は700円でした。青山先生の原画を見ることができたりするのでファンにはたまらないでしょうね。ちなみに1度券を買えばその日は再入場も可能なので私は一回出た後にもう一度めぐることにしました。

 

f:id:enoki3120:20190902221355j:plain

梨のソフトクリーム。とてもマイルドで梨のさっぱり感も十分にあった。

f:id:enoki3120:20190902221456j:plain

街にはこのようなポスターが多く貼ってある。

 ふるさと館の近くには道の駅もあったのでソフトクリームをいただきます。鳥取県といえば梨ということで梨のソフトクリームにしたのですが、由良駅のある北栄町はスイカも有名らしいです。

 

f:id:enoki3120:20190902221648j:plain

米花商店街の喫茶ポアロで販売されているサンドウィッチ

f:id:enoki3120:20190902221836j:plain

新一と蘭が並ぶ銅像もある。

 この日のお昼ご飯は米花商店街で安室さんのサンドウィッチを食べました。ファンにはわかるでしょうね。実際にこの作り方が紹介されたアニメ回がありそれをもとに作られているのでしょうね。サクッとしていておいしかったです。

 

f:id:enoki3120:20190902221920j:plain

最後はやっぱりコナンで。今回記事にしきれなかった部分もあるので実際に訪れてみてください。

 約3時間ほど滞在しましたが最後まで飽きることなく過ごすことができました。コナンに少し興味のある方などは訪れてみるといいと思います。

 

↓バナーの方クリックお願いします。
 
鉄道コム
 

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!