えのきだけダイアリー ~in Yokohama~

鉄道に関する面白いネタから細かすぎるマニアックなネタまで様々取り上げます。ツイッターのフォローや記事のシェアもお願いします!

《JR東日本》【写真館272】首都圏で最後まで6ドア車が活躍していた総武線

f:id:enoki3120:20200409151615j:plain

6ドア車組み込みで総武線で活躍していたB34編成。
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

 こんにちは。

 

 現在新型コロナウイルスの影響で落ち着いている通勤ラッシュ。

 

 その通勤ラッシュひどいときには混雑率200%にもなるといわれまさしく「痛勤」と呼ばれるほど。朝のホームでは駅員がお客さんをしゃりょに詰め込んで推している姿がメディアに取り上げられたりしています。

 

 その解決策として平成時代に全盛期を迎えたのが多扉車。ふつう電車のドアの数というと1両あたり3から4ぐらいですが、ラッシュのひどい路線でその解決策としてスムーズな乗り降りと立ちスペースの確保を目的としてドアの枚数が多い車両が導入されました。

                                       

                                       

f:id:enoki3120:20200409151902j:plain

6Doorsのステッカーも見納めに。多いときでは京浜東北線埼京線など多くの路線で見られたロゴ。

 

 しかし、多くのところで言われているようにホームドアなどの安全対策などによって多扉車はやっかい者扱いされいつの間にか置き換えられてしまいました。

 

 最後まで残っていた中央総武線の6ドア車が先月のダイヤ改正を機に完全撤退し、首都圏から6ドア車は消えたことになりました。

 

↓バナーの方クリックお願いします。
 
鉄道コム