えのきだけの気ままなブログ

しばらく休養します、数日後には戻ってきます!

MENU

《旅日記》夏休みの最初にさらっと大回り~Part3~京葉線と武蔵野線のデルタ線

f:id:enoki3120:20190810220318j:plain

今日は武蔵野線の話題です。大回りで回ったついでですがね笑
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 日帰り旅行へ

 こんばんは。
 
 大回り乗車で1つ取り上げたかった話題です。みなさん「デルタ線」というのはご存知でしょうか?電車が好きな方ならある程度は知られているのではないかと思います。デルタ線とは「デルタ」とある通り三角形を描くように線路が走っていることです。

 

f:id:enoki3120:20190810220414p:plain

デルタ線について。私が簡単に作りました。

 有名なのでは近鉄名古屋線大阪線を結ぶ短絡線などがあるのではないでしょうか?あまり詳しくない方にお伝えしておくと電車はどちらにも進めるように見えてちゃんと向きが決まっているのです。その向きをあらかじめ決めておかないと逆になってしまうと大変です。そのためにすべての路線がほとんど向きが変わらないような配線になっています。しかし三角形を描くような線路の場合向きが変わってしまう恐れがあり、あまり旅客路線での採用例は見ません。(デルタ線が数多くあればもう少し乗り換えも減っていたでしょうけどね)

 

f:id:enoki3120:20190810220459j:plain

西船橋から京葉線蘇我方面へ向かう海浜幕張行きに乗車。

 その1つにJR東日本武蔵野線京葉線があります。武蔵野線の新松戸方面からやってくると西船橋を出たところできれいに2つに分岐します。1つは京葉線東京方面に、もう1つは京葉線船橋海浜幕張方面へと進みます。今回乗車したのは南船橋方面に行く海浜幕張行きです。この電車は西船橋を出ると左に進路を取り、しばらくすると東京方面から来た京葉線と合流します。合流しばらく走行すると南船橋に到着です。

 

f:id:enoki3120:20190810222318j:plain

京葉線と合流します。

f:id:enoki3120:20190810222525j:plain

東京方面のホームにやってくる赤い帯の電車の西船橋行き

 さてちょうど到着したタイミングで蘇我海浜幕張方面からやってきた京葉線西船橋行きが来ました。この電車、使用する車両は京葉線の車両です。もしこのまま西船橋に着いた後、西船橋から京葉線東京方面へと向かう列車になった場合、本来東京より1号車が西船橋到着時点で最後尾になるので電車の「向き」が入れ替わってしまいます。なので必ずやってきた蘇我方面に折り返すのです。このように「向き」が変わってしまう恐れのある場合ダイヤの乱れ時など大変ですのであまりこのような事例が見られないのです。

 

f:id:enoki3120:20190810222628j:plain

京葉線で東京へと向かいます。

f:id:enoki3120:20190810222720j:plain

二俣新町蘇我方面を見ると無効に線路が。あれが先ほど西船橋から南船橋まで乗車した線路。

 さて私は後続の蘇我方面から来た京葉線の各駅停車東京行きに乗車です。次の駅は二俣新町です。この二俣新町はちょうどデルタ線の間にある駅。三角形で言うと底辺の中点といったところでしょうか。

 

f:id:enoki3120:20190810222905j:plain

逆方向を見るとまた線路が。こちらは武蔵野線から東京方面へ向かう線路。

 なのでこの駅からは西船橋の駅を分岐した両方の武蔵野線が見られます。ダイヤの都合上乗車してる電車から武蔵野線を見るのはなかなかないかとは思いますが駅の両側に線路が見えるのもなかなか不思議ですね。
 さて二俣新町を出てしばらくすると今度は西船橋から分岐したもう一方の武蔵野線が合流、次の市川塩浜に到着します。さてデルタ線はこれにて終了です。ここのデルタ線の運行本数はいつだったかのダイヤ改正からどちらもほぼきれいに20分間隔になっており、武蔵野線の東京行き南船橋行き(一部海浜幕張行き)がほぼ交互にやってくるという感じです。時間によっては今回のように南船橋まで行ってから京葉線で東京まで行ったり、市川塩浜まで行ってから京葉線に乗り換えるなどした方が早かったりします。

 

f:id:enoki3120:20190810223104j:plain

最後は京葉線から見える東京湾の風景を。わたしこの風景好きなんですよね。

 今日は珍しく張り切って説明しましたね。最後までご覧いただきありがとうございました。

 

↓バナーの方クリックお願いします。
 
鉄道コム
 

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!