えのきだけの気ままなブログ

しばらく休養します、数日後には戻ってきます!

MENU

《西武》【写真館554】車両の更なる軽量化が目的でアルミになった6050系を撮る

f:id:enoki3120:20220410073629j:plain

自由が丘で撮影した6158FのFライナー、戸袋窓が元々なく側面がかなりきれいな印象です。(撮影日:21.7.30)

 おはようございます。

 

 通運転開始からまもなく10年が経とうとしている東横線副都心線西武線東武線の5直、10年が経過するなかで直通開始時から車両はまだ生き残っている一方で、新しく登場したのは西武の40000系とメトロの17000系のみでほとんど顔触れが変わっていません。そんな中でも西武の6000系6050系は顔こそ変わらないものの足回りの更新が行われました。

 

f:id:enoki3120:20220410073808j:plain

6156Fこちらの編成も戸袋窓はない編成です。足回りは6000系と同じものになっています。(撮影日:21.5.30)

 

 今日はそんな西武車の中でもアルミ車体で知られる6050系の写真をアップします、顔は6000系と何ら変わりはしないものの側面を見てるとその違いは一目瞭然。6000系ステンレス車であり、銀色の側面に当時のステンレス車らしい凸凹が際立ちますが、アルミ車は凸凹の無いきれいな側面でグレーに塗装がなされています。

 

 元々6000系は地下鉄直通に合わせて、車体の軽量化を図って製造されたものですが、それでも重かったためにアルミ車へ移行したとの話があるそうです。アルミ車と言えど足回りは日立GTOから三菱製Sic素子を用いたMOSFETに更新されているので、6000系と乗ってしまえば変わらないのが少し寂しいものです。とはいえ、数的に6050系の方が少ないので西武車でこれを引き当てるとなんか嬉しいですね。

 

↓各種サイトへのリンクもよろしくお願いいたします!
 
鉄道コム
 

                                        

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!