えのきだけの気ままなブログ

ブログ再開しました!これからもお願いします!

《近鉄》近鉄特急がいかにきれいに使われているかわかる車両!

f:id:enoki3120:20210324092359p:plain

登場から33年が経過してもそのカッコよさは衰えないアーバンライナー、その秘訣は…。
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

 おはようございます。

 

 月誕生から33年を迎えた近鉄アーバンライナーplus。その白いボディは歴史ある近鉄特急のカラーとはかけ離れた存在で登場当時は多くの人の注目を浴びたのは言われなくてもわかる気がします。長らく大阪と名古屋を結ぶ名阪特急の中でも速達タイプの甲特急に使われてきましたが、昨春に新型特急の「ひのとり」に名阪甲特急の座を明け渡し、現在は汎用型特急車と同じような運用についています。

 

f:id:enoki3120:20210324091139j:plain

大阪上本町で並ぶ白い車体。やはりきれいですよね、現在は前照灯もLED化されたことでより白さが目立つような気がします。

 

 そのアーバンライナーplusはこの3月に登場から30年が経過したわけですが、2000年代初頭に更新工事を終えて現在の姿になっております。とはいえ、それからも20年いまだに白い車体に流線型の姿をきれいに保ちながら走っています。このアーバンライナーがきれいに走っている姿こそ近鉄が特急を大切に扱っている象徴ではないかと思います。やはり20年以上も走っていると白い車体ですので汚れが目立つはずですが、このアーバンライナーでは乗客から見える部分ではほぼ毎日きれいな姿を見せています。その秘密はなんといっても、近鉄特急の車両はほぼ毎日洗車している力の入れよう。これだけ丁寧に扱われるとかっこよさも常に保たれるので人気も高いわけですよね。今後もその人気をしっかり保って走り続けてほしいなと思っています。

 

 (ちなみに車内はというと平成10年代に更新されて以来手付かずなのでコンセントが無いというデメリットがあるのでそこが現在のウィークポイントですかね…)

 

↓バナーのクリック及びタッチお願いします!
 
鉄道コム
 

                                        

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!