えのきだけの気ままなブログ

ブログ再開しました!これからもお願いします!

《相鉄》東急直通に向け今後どうなる???気になる相鉄の車両動向

f:id:enoki3120:20200322211841j:plain

先日6号車と7号車が搬出された8702×10。8000系前期車もいよいよ危なくなってきた。
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 鉄道ブログ 東急線へ

 こんばんは。

 

 先日相鉄の8000系のうち8702×10の6号車と7号車が廃車のためかしわ台より陸送されました。

 

 この8702×10の一部の廃車は8000系の中で初めての老朽廃車としてツイッターなどで話題になりました。

 

 8000系はかつて事故のために8707×10が廃車になっていますが、後期車を中心に更新を行い最近では8709×10がYNB(ヨコハマネイビーブルー)となり今後の相鉄の一角を担っていく姿になりました。その一方での廃車です。

 

 いろいろ気になることは出てくるでしょう。ここからは私の個人的な予想に願望を書き加えたものですので間違っていたり、予想が外れてもそこはご了承ください。

 

                                       

                                       

◆8702×10は8連化???

 

 まずは先ほど廃車と書いておきながら8702×10の延命説です。現在廃車されたのが6号車と7号車のみで残る8両はかしわ台で編成を組んだ状態で留置されているとのこと。(あくまでツイッターなどの情報を参考にしていますのでもしかしたら変化しているかもしれません・・・)

 

f:id:enoki3120:20200322211957j:plain

昨年の11月改正直前は新7000系による10番台運用が多く見られた。(8連代走)

 一部の中でこれは8連化されるのではとささやかれています。まあ確かに相鉄はこれまでに10両の車両を新型車両の投入することで8連化し、8両の車両を玉突きで廃車ということをした経緯があります。

 

 しかしながら現在8両編成で走っているのは10000系という8000系よりも新しい車両です。そこで1つ言われているのが10000系がちょうど足回りなどを中心に更新時期に来ていることからその予備車ではないかという説。

 

 私はこの説はないのではないかと思います。というのも10000系の8両編成は5編成あり、平日の朝は5編成フル稼働になる運用ですが、もし更新や検査などで8両が足りなくなっても10両編成の車両で代走すればいいのです。10両編成の運用を8両で代走するのはキャパの問題で難しいと思いますが、8両のところに10両を入れるのは大きな問題ではないはずです。(現に昨年11月まではよく見られました)

 

 また今回抜かれた8702×10の7号車はサハですが、6号車はモハユニットの片割れ。(これまで8000系は単独モハだと思っていたのですがどうやらモハユニットだそうです)これによって残る8両は5M3Tでしかもユニットが崩壊している状態。8連化するのにこんな複雑な状態にしないと思います。廃車にするならモハユニットを丸々廃車にして4M4Tとするでしょう。

 

f:id:enoki3120:20200322212127j:plain

7713×10は20101×10が投入されたころに8連化されその玉突きで旧7000系の7707×8が運用を離脱した。

 このことから8702×10が8連化するのは可能性として低いのではないかと思います。もしかすると近いうちに残る8両のうち何両化がかしわ台から廃車搬出されるかもしれません。

 

                                       

                                       

◆置き換え順

 続いて、相鉄からの公式発表をもとに考えると8000系前期車(8701×10~8706×10)と9701×10、新7000系の全編成はYNB化されることなく2024年までに廃車されることが予想されています。それは大方間違っていないでしょうか、問題はどのタイミングでどの編成が落ちるのか・・・

 

f:id:enoki3120:20200322212237j:plain

2年前、検査開けて間もないころに撮影した9701×10。あと2年は検査期限まで余裕がある。

 新7000系はほぼ残存全編成は昨年に検査を通していますので2023年まで生き残ることが可能です。また9701×10も2018年に検査を通しているのであと2年は持ちます。そうなると今回の8702×10の例のように8000系の検査期限の近い編成が優先的に離脱するのではないかと思います。

 

f:id:enoki3120:20200322212525j:plain

今後順次更新されていくであろう10000系。最初に更新された10701×10はまだ運用についていない。

 今後の製造計画では今年の夏ごろから東急直通向けの20000系が本格的に製造されるようです。もちろん20000系の増備は東急直通時に発生するであろう運用増加(増発)用の編成も含まれますが、それによって本線の運用が減ることもあることから経年劣化している車両の置き換えも考えられているのです。

 

f:id:enoki3120:20200322212414j:plain

昨年11月の事故以来離脱している唯一の20000系。かしわ台で訓練しているとの話も。

 先述した公式発表をもとにした駆逐移される編成数は全部で11本、なのでこの20000系は十数本増備されますが11本(20101×10は除くと思われる)が置き換え用になります。それが2022年までに投入され、加えて9000系のリニューアルが完了した今8000系後期車のYNB化と10000系をJRに委託しながら更新している最中です。

 

 これによってある程度予備車の確保は必世になります。20000系がどのようなペースで製造されるのかは不明ですが、少なくとも検査期限にゆとりのある車両は予備車確保のためにもギリギリまで残すべきかと思います。7000系は2020年までに全廃されるという話もあるそうですが、8000系の前期車があと4編成検査に入らない限り全廃にはならず2024年ごろまで走るのではないかというのが私の予想です。

 

 とまあぐだぐだ書いてきましたがJRの直通で一段落した相鉄ですが、再び車両の動きが激しくなる気配が見え始めています。今のうちに今記録できるものを記録していくのがおすすめかと思います。

 

 最後までご覧いただきありがとうございました。

 

↓バナーの方クリックお願いします。
 
鉄道コム
 

                                       

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!