えのきだけの気ままなブログ

しばらく休養します、数日後には戻ってきます!

MENU

《旅日記》【8月西日本紀行】2日目②~引退間近の105系の和歌山線~

f:id:enoki3120:20190817083141j:plain

奈良といえばせんとくん。この人形だけ置かれると少し不気味な気もするが…笑
鉄道コム
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村 旅行ブログへ

 おはようございます。

 

 関西のJRといえば少し前までかつて関東などで走っていた古い車両が数多くいて、関東で乗りなれた懐かしい形式を乗るための場所、というイメージだったんですがここ最近大きく変わっていますね。和歌山線万葉まほろば線などもその1つで長らく105系を中心に運用されてきたようですがついに227系に置き換えられるとのことです。

 

f:id:enoki3120:20190817083106j:plain

奈良駅から2日目スタートです

f:id:enoki3120:20190817083240j:plain

奈良盆地を下っているといった感じでしょうか

f:id:enoki3120:20190817083341j:plain

王寺はそれなりに路線が集結するターミナル駅

f:id:enoki3120:20190817083433j:plain

近鉄王寺駅。いつも田原本線から生駒線の乗り換えに使っている。

 奈良駅からは大和路快速に乗車し王寺まで出ます。王寺から和歌山線に乗るわけですが王寺での乗り換え時間が15分ほどありましたので少し散策。といっても王寺駅周辺は近鉄で何度か来てるのでそんなに物珍しいものでもなく3か月ぶりといった感じです。

 

f:id:enoki3120:20190817083538j:plain

王寺に留置されている201系と新型の227系

f:id:enoki3120:20190817083624j:plain

さてここからは105系に乗車して西へ向かいます。

 大阪環状線から引退した201系ですがまだ大和路線おおさか東線では健在で王寺では留置中の編成なども眺められます。

 

f:id:enoki3120:20190817083710j:plain

国鉄フォントが見られる車両も少なくなってきた

f:id:enoki3120:20190817083806j:plain

車内には扇風機が。ちなみにこの形式は冷房の後付け感もすごい。

 さて和歌山線に乗車して奈良から和歌山に抜けます。正直ここを走る形式が何かわからなかった私ですのでやってきたときに105系なのかという感じでした。さすが年季の入った車両、という感じです。

 

f:id:enoki3120:20190817083921j:plain

直線の線形が続くことも多くモーターを唸らせながら飛ばす区間もある。

f:id:enoki3120:20190817084102j:plain

JRの五位堂駅。周辺は田畑が広がり近鉄の五位堂とは雰囲気が違う

 和歌山線はしばらく近鉄大阪線と似たようなルートをたどります。五位堂やら高田やら近鉄で聞いたことあるような駅名が続きます。高田を過ぎるといかにも奈良県の南部を走っているという感じ。といってもそこまで南部というわけではなさそうですが。

 

f:id:enoki3120:20190817084205j:plain

105系の並びも近々見られなくなるのでいい記録ができた。

f:id:enoki3120:20190817084305j:plain

山をバックに対向の105系王寺行きがやってきた。

 走っていると1時間に1本はちゃんと本数が確保されており結構な頻度で列車の交換が行われます。がしかし、乗客の方は半分ぐらいが18きっぷ利用者のマニアか旅行客といった感じでした笑

 

f:id:enoki3120:20190817084651j:plain

和歌山線からの景色。山に囲まれながらも田畑が広がる部分も多い。

 ちなみに和歌山線は1900年に全通しているらしく、かなり歴史のある路線です。南海の開業以前はこの路線が大阪~和歌山間の移動手段だったらしいです。しかしこのルートは結構不便な気もしますがね…

 

f:id:enoki3120:20190817084755j:plain

高野山の入り口となる橋本駅。向こう側に南海の車両も見える

 途中高野山の玄関口となる橋本や、吉野山の玄関口となる吉野口を通りますが、大阪からであれば南海や近鉄がその輸送を担っている形なのでそこまで高野山吉野山に向かう観光客が乗っている印象はありませんね。本当に地域密着型のローカル線といった感じです。

 

f:id:enoki3120:20190817085109j:plain

柑橘系の果樹園が広がるところも

f:id:enoki3120:20190817085204j:plain

終点の和歌山駅に到着。

 和歌山に近づくにつれてさすが和歌山、柑橘類が豊富と感じることが多く果樹園の木々も見られるようになります。夏みかんとか食べてみたいですね。さて105系に揺られること約2時間半、終点の和歌山駅に着きます。長かったようなあっという間だったような、という感じです。ちなみに和歌山駅和歌山線から阪和線などのほかの路線のホームに行く際に自動改札があり、無人なので18きっぷ利用時は乗務員さんなどに声をかけなければいけません…

 

f:id:enoki3120:20190817085244j:plain

最後にもう1枚105系の行き違いを

 では今日は和歌山線について紹介しました。明日は大阪から日本海へ向かいます。ありがとうございました。

 

↓バナーの方クリックお願いします。
 
鉄道コム
 

鉄道コム

↑バナーのクリックお願いします!